え、学び舎が壊れたって?じゃあ、俺らで作ろうぜって話

どうも、ツナです。

 

カガヤンデオロからバンとフェリーで約6時間の場所、カミギン島。

 

1週間ぶりのカミギンです。

カミギンでは、モバイル・オープン・ハイ・スクール・プログラムを支援しています。

このプログラムは距離的・金銭的・家庭の事情などで普通のクラスに通えない生徒に学習機会を提供します。

具体的には、実際に先生が生徒の家や村を訪れて、教えます。

 

今日は海沿いに位置する「パンギアワン」という村に行く日です。

生徒はロドニー、19歳、Grade10 (高1)。

彼は家計を支えるために、漁師をやりながら、このプログラムで勉強しています。

こんな場所でやってました。

f:id:tsunagis:20170726215005j:plain

 

f:id:tsunagis:20170726214244j:plain

 

この村では、即席の木製の机、いす、葉っぱの屋根で構成されています。

これをラーニングセンターと言います。

なんとかっこいい名前でしょうか。

 

さあ、今日もパイロットプロジェクトの対象としている村に着きました!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tsunagis:20170726213824j:plain

あれ。

 

ん?あれれ?

 

机は??

 

いつもと違うところにいる先生と生徒を発見!!

 

え、今までのところが波にのまれて跡形もなくなってしまったって?

マジか!!

f:id:tsunagis:20170726220116j:plain

 

お前の仕業か。。。

 

 

お、先生と生徒が何かしているぞ。

 

何してるの?と聞いてみたら、

新しいラーニングセンターを今作ってるんだよ」

f:id:tsunagis:20170726220142j:plain

 

対応早い!!

 

今日は授業はなしで、新しい学び舎を作っていきます!

 

誰かが作るんじゃなくて、生徒と先生たちが協力して作っていくんです!!

自主性の塊!!

無いんだったら俺らで作ろうぜって精神、大好きです!

 

学校なんて、自分たちで作ろうと思えば作れちゃうんですね。

 

近くの使わなくなった木を持ってきて、切って、釘打ってと。

なんとまあ、持続可能な生活でしょうか。

 

こんなことやったのって小学校?中学校ぶりくらいですね。

 

しばらくすると、ロドニーの友達が手伝いにきてくれました。

f:id:tsunagis:20170726221117j:plain

いやー、ありがたい!!

 

ん?待てよ、お前学校は?

「歯が痛くて、早退してきたよ」

 

お、おう、そうか。

いや、手伝えるなら学校行けよ!

 

でも、友達思いのイイやつです。(あ、名前聞くの忘れた。。)

 

そんなこんなで1時間半かけて、僕、先生、生徒、友達の4人で椅子できました!!

 

f:id:tsunagis:20170726220800j:plain

 

 

日本だと、こういうの壊れたら、とりあえず捨てて、IKEAとかニトリに買いに行こうってなりますよね?

さらに今だったら、Amazonもありますから、黙っていれば家に届くわけです。

 

しかし、カミギンにはそういったものが無いからこそ、自分たちで作ろう。あるものを使って作っちゃおうって。

 

日本では都会にいると、こんな経験難しいですよね。

僕は青森にいた時、だいぶ山奥の方に住んでいたので、よくおじいちゃんやお父さんと作ったものです。

 

改めて、田舎の方で工作とか山奥で何か作ることの楽しさと重要さを認識しました。

 

みなさん、都会の喧騒に疲れたら、気ままに田舎でこんな生活してみませんか?

 

それでは! 

 

f:id:tsunagis:20170726233429j:plain

 

 

フィリピンでは中学生のほぼ全員が、Facebookに登録している!!

こんばんは!

ツナです。

 

みなさん、Facebookを使っていますでしょうか?

最近、日本では登録者数が減っているということも聞きますよね?

http://blogs.itmedia.co.jp/photos/uncategorized/2011/03/11/110311facebooklogo.jpg

一方フィリピンでは、Facebookが当たり前なコミュニケーションツールとして利用されています。

 

本日、公立中学校の1年生のうち、どれくらいの生徒がFacebookを活用しているかを質問して見たところ、9割の生徒がアカウントを持っていることがわかりました。

中学生でこれほど登録しているのか!と驚愕しました。

 

2016年1月の段階で、フィリピン人口(約1.01億人)のうち、47%Facebookを利用しているとのことです!!

ほぼ半分!!

利用している年齢層は20代がもっとも多いようです。

Facebookネイティブです。

フィリピン人の投稿を見ていると、僕らでいうツイッター感覚で利用しているように思いますね〜。

もはやFacebookが一つの市場というか、バーチャルに存在する国のような存在になってます!!

 

一方、日本はというと、日本人口(約1.26億人)のうち、たったの18%でした。

僕の周りでもFacebookを利用している人は多いとは言えませんね。

 

日本ではやはりLINEが強力なコミュニケーションツールだということを実感します。

 

これからFacebookを活用した教育コンテンツを作っていきます!!

 

それでは!

参照:https://wearesocial.com/uk/special-reports/digital-in-2016

フィリピン全土で公共の場での禁煙!ついに施行!

どうも、ツナです。

 

日本では都議選のとき、タバコ禁煙も争点の一つでした。

秋に見送りになりましたが、、、

 

禁煙の流れは世界であります。

フィリピンでは、7月23日から禁煙の大統領令が施行されます。

 

ドゥテルテ大統領ダバオ市長だったころ、禁煙を命じる条例の成功実績があったことから全国展開へと発展しました。

 

まあどれだけの実行力が各都市にあるかは難しいところですね。

 

7月23日以降、フィリピンのどこかを訪れる際はぜひチェックしてみてください!!

 

それでは!

 

news.mb.com.ph

「Grab Taxi」というタクシーサービス、カガヤンデオロで使えます。

どうも、ツナです。

 

みなさん、Grab Taxiというタクシーサービスをご存知ですか?

Grabというスマホのアプリを起動させて、位置情報を元に近くのタクシーをつかまえるという、Uberに似たようなサービスです。

f:id:tsunagis:20170720195145j:plain

 

つい先日まで、カガヤンデオロでこのサービスがあることを知りませんでした!!

カガヤンデオロでお世話になっている先輩からこのことを聞くまでは聞いたこともありませんでした。

 

Uberもマニラとセブだけなので、使えません。。。

 

じゃあ今まではどうしていたかって?

フィリピンならではの乗り物、ジープニーを利用するか、頑張ってタクシーを探して乗るかでした。

 

僕の住んでいるところは、カガヤンデオロでもだいぶ郊外の方にあるため、タクシーがあんまりいないんです。

だから今までタクシーを利用したいなってときは、家を出て、トライシクルっていうバイクタクシー(地域によるけど、10ペソ)みたいなもので探すか、家近辺で待つかでした。

これだとあまりに時間がかかってしまいます。

しかし、このGrabを使うと、、、

 

f:id:tsunagis:20170720195736p:plain

 

こんな風にどこにタクシーがいるかが丸わかり!!!

そして、行きたい場所を設定して、あとはドライバーがきてくれるだけ!!

 

家までくるのは厳しいので、電話で近くの目印になるような場所(学校とか)を指定して、待ち合わせします。

待ち時間は基本2分くらい。

価格は通常のタクシーと変わりません(メーターをしっかり使ってくれるので、30分くらい乗って130-160ペソくらい)

 

普通に乗るのと異なる点は、乗った分がポイントになるということです。

貯めるのは大変ですが、貯めるとタクシーの割引、ホテルの割引などと交換できます。

 

カガヤンデオロは日々進化しておりますね。

カガヤンデオロに目をつけたGrab、さすがです。

これからもお世話になります。

 

それでは!

 

1人の時間がないと、死んでしまうんです!!

f:id:tsunagis:20170719170825j:plain

どうもツナです。

写真はとても爽やかな笑顔ですが、ここ2日くらい引きこもっていました。

 

実は、、、

僕、1人の時間がないと、死んでしまいます!!!

改めて自分が(いわゆる)内向的な人間であることを認識しました。

誤解しないでください!

人が嫌という訳ではないんです。

いろんな人たちと話したり、騒いだりするの好きですよ。

だから、恐れずにのみとか誘ってください >_<(めんどくさい性格でごめんなさい泣)

 

ただ、そういう外向的なことには多大なエネルギーを消費しなければなりません。

 

エネルギーを消費した後は、寝てチャージするか、1人でどこかに行くか、1人家で本読んだりする時間が絶対必要になります。

 

ここ最近は家に引きこもってアニメを見るか、本を読むかしてました。

クズですいません。笑

 

僕の所属するe-Educationのメンバーって外向タイプよりの人が多い気がするんですよ。

だから、僕もどんどん人と関わって、行動して、結果を出していかなきゃという何か見えないプレッシャーみたいなものを感じていました。

自分の整理もつかぬままひたすら動いて、常に誰かといて、話してみたいな日々をここ最近送っていました。

 

その結果、気疲れしちゃったんです。

ひたすら動いた結果、いい方向にプロジェクトが動き出したんですが、これをずっとやってたら自分の身が持ちません。

 

意識的に自分1人の時間を取ることをしようと、決意しました。

当たり前って思うかもしれませんが、改めてこういう自分の個性と向き合ういい時間になっているのかもしれません。

 

この個性をどうやって生かすかも自分次第。

 

先日職員さんがきたとき、まあ色々話をした訳ですが、「変わってるよね」と言われました笑

自分の世界のことを喋り出すとテンション上がります。

「意外!」とも言われました。

 

まあ、そんなこんなでやっぱりe-Educationって変な人の集まりなのかな、って思ったり。笑

 

この自分の個性をどう活かしていこうか、内向的自分を確固たるものにするには何が必要か(ちょっとヤバい方向までいきそう)などと考え始めれるようになったこともいい収穫なのかな、とポジティブに捉えていきます。

 

内向的というか、「自分」をちゃんと持っているの方が表現は性格なのでしょうか。

その自分が固まっているからこそ、成功を収めている人もいます。

www.huffingtonpost.jp

(世の内向的なみなさん、その個性、極めていきましょう)

 

結構前ですが、このマンガが話題になっていました。

このイラストをみたとき、「あー、すごいわかるわー」となったのを覚えています。

 

www.huffingtonpost.jp

 

最後にもう一度言います。

別に人が嫌いなわけではありません。

 

なので、みなさん、電話なり、飲みなり、誕生日パーティーなり誘ってください!!(>_<)

お願いします!!