="author" content="つな" "ツナ" "繋奏太郎" "繋" "奏太郎">
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Step by Step

繋ぎ、奏でる

ミュシャ展を終えて

ミュシャの平和思想

 

先日ミュシャ展を観に、国立新美術館に行ってきました。

 

親が美術や工芸、料理が好きでその影響で何気にこういったものに関心を持ってきました。

 

今回は初めて数多くの「スラブ叙事詩」作品が日本にやってまいりました。

 

その中でも僕が惹かれた絵画がこれです

↓↓↓

f:id:tsunagis:20170327175546j:plain

菩提樹の下で行われるオムラディナ会の誓い」
1926-28年 油彩、テンペラ/カンヴァス 390×590cm
スラヴ文化の再興を求める会の集まり。しかし、20世紀頭に弾圧を受けてしまった。

mement-mori6.blog.jp

この「オムラディナ会の誓い」が自分にとって考えさせられた作品でした。

 

【解説】

スラヴ叙事詩の中でこの作品は現代、つまり19世紀後半から20世紀初頭のチェコを描いています。(そのまま現代を描くのではなく、前景の 「ルミール」 と 背景のスラヴィアは古代、または伝説ですが)
 チェコを支配していたオーストリアは1867年にハンガリーと手を組んでオーストリアハンガリー二重帝国となります。 これはチェコをはじめスラヴ系諸民族の抑圧が前提となっておりチェコでは急進的な青年チェコ党が誕生するなど対抗運動が起こります。
 この絵は1894年1月の青年チェコ党員68人が逮捕されたことを踏まえ、青年たちが古代の伝説にならってスラヴ菩提樹の下でスラヴィアに宣誓をしている場面です。スラヴィアへの青年の宣誓は、同じ頃に制作したプラハ市民会館の壁画でも描いています。 
 「スラヴ叙事詩」 は未完成だとよく言われます。それは完成後もミュシャが手を入れ続けていたこと、この絵で宣誓する青年たちの顔が描かれてないためです。実際、完成後初となる1928年プラハのスラヴ叙事詩展にはこの作品を除く19点だけを公開しました。
 「スラヴ叙事詩」 は全体に象徴的な描き方をしています。しかし、登場する人物はどれもひとりひとりを特定できるほどリアルに描いているのに この作品だけ顔を描いていないのは、人物の特定をミュシャが避けたからだと考えられます。 スラヴ叙事詩が発表された当時政治家として活躍中の人物も含まれていました。

ミュシャを楽しむために:スラヴ叙事詩、スラヴ菩提樹の下で宣誓する青年たちより。

 

こんな説明があるのですが、僕がパッと見たときに感動したのは仏教を象徴する「菩提樹」の元にたくさんの民族、様々な時代の人々が輪を作って舞踊しているということです。

 

上記の解説を聞くと、「ああそうなんだ」と思うのですが、僕はこれを観てミュシャの平和思想を感じることができたような気がします。

 

この当時はナチスの侵攻や世界大戦の終結と始まりなど混沌としていた世界だった。それでもミュシャが願い、人々に込めた作品がこの「オムラディナ会の誓い」なのではないか。

 

スーツの人もいるし、民族衣装を着ている人もいる。いろんな世代の人たちが団結して、今の世界がある。その受け継いできた世界をなくさないため、人々を奮起させるためにこの絵を描いたのではないか、と考えました。

 

芸術は人々の思いを、アクションを変えていく。

そんな力を秘められているからこそ、もっと多くの人に見てもらいたいと思います。

 

 

 

 

 

アニメ-NARUTO最終回を迎え、考えたこと

みなさんにとっての平和って??

 

木曜日でついにアニメの方のナルトも最終回を迎えました。

漫画の方は一昨年に終わってしまって悲しいですが、またアニメの方も終わるとなるとなんだかんだ寂しいですね。。。

f:id:tsunagis:20170324211147j:image

NARUTOって忍術とかチャクラとかカッケー!!って思いますよね。特に男性陣は。

 

でもNARUTOのストーリーの本質的なとこって人生だと思うんですよね。

 

僕自身NARUTOのストーリーにはたくさん考えさせられました。

 

物語中に「暁」っていう敵が出てくるんですが、そこのリーダーであった長門て奴の師匠がナルトの師匠でもあるわけです。

 

f:id:tsunagis:20170324212317j:image

 

でもそのペインも平和を作りたかった。ナルトも平和な世の中を作りたかった。

 

それぞれの正義があるわけです。

 

大国同士が国益のために戦争、戦争、戦争の繰り返しをしてきた。そしてその戦地だった小国は大きな傷を抱え苦しんできた。その小国出身の長門にとっての平和、戦争が落ち着いたある程度安定した里に生まれたナルトにとっての平和。

 

みんな考えている世界って、それぞれ違うわけですよね。それは当たり前。

 

その考え方の違いから生まれた戦い。

 

それでもナルトと長門はぶつかり合いながら、答えを見つけていくわけです。

 

NARUTOのストーリーでいくと、ここは忍術(武力)の闘いで決着がつくわけですが、ナルトと長門の対話に入っていきます。

 

初めて2人がお互い全ての心をさらけ出していきます。

なぜ長門が己の正義、平和の思想を持つようになったのか。

 

f:id:tsunagis:20170324213651j:image 

f:id:tsunagis:20170324213641j:image

 

最終的に、最後の力を振り絞りナルトの仲間たちを、自分の命と引き換えに生き返らせます。

 

そして、ナルトに全てを託して死ぬわけです。

師匠の残したモノ、兄弟子が残したモノをナルトが背負い、再び歩きだし、色んな人と本気でぶつかり、わかりあっていく。

 

今の世界に求められてるのもやっぱこれだと思います。

それぞれの考える理想の世界や平和が違うからこそ、対話し、ぶつかり、お互いの共通するもの、想いを共有していく。

その先に、共生する社会、世界が生まれるんじゃないかな。

 

まだまだ知らない考え方とか世界ばっかり。

だから毎日が学びです。

 

今、人生の夏休みと言われる学生時代だからこそ、若者だからこそ、もっともっと色んな世界を見て行きたいです。

 

 

みなさんにとっての平和ってなんですか?

 

 

 

グローバルリーダーとは

グローバルリーダーって何??

先日トビタテ!留学JAPANの事前研修に参加させていただいた。

「トビタテ!留学奨学金」とは2013年〜2020年までの文部科学省×民間企業の官民連携のプログラム。

今まで企業からの寄付により、3000人を超える学生が海外にトビタって来た。

f:id:tsunagis:20170323165550j:plain

私自身もトビタテ6期生として、4月からフィリピンに飛び立つ。

 

そして事前研修に参加して来たのだが、一つの疑問が生まれた。

それが、「グローバルリーダーって何??」であった。

 

研修の中で「日本を代表するリーダー、世界を舞台に活躍するグローバルリーダーになりましょう」など一致団結して頑張っていこうという気風が講師陣から見られた。

 

しかし、グローバルリーダーはなろうとしてなることができるのだろうか。

今世界で活躍していると言われている人々は果たしてそのようなvisionを持って、今までやってこれただろうか。

 

その答えを研修中のYoung Global Leaderに選出されたお二人の講演から垣間見ることができた気がした。

 

そのお二人とは、東京大学大学院理学研究科の教授である上村想太郎さんとInternational School of Asia Karuizawa (ISAK)を設立した小林りんさんであった。

 

彼らの講演を聴く中で発見した共通点は、「熱中できるものがあるか」と「人生の点を線にして来た」というである。

 

上村教授は命に対しての疑問を持っていてそれを科学の力で解き明かしたい、それに熱中していたらいつの間にか実績もついていた。

小林りんさんは、高校時代のメキシコでの貧困を目の当たりにし、UNICEFでの経験からリーダー教育という答えを見出していた。

 

また、お二人とも自分の好きなことをとことんやっているなとも感じた。

 

ここから私が考えたグローバルリーダー像が、「とにかくやりたいことをとことんやっている」である。これは、別にグローバルリーダーに限ったことではないと思う。

漫画家だって、鳶職の人だって、研究者だって、起業家だってみんな同じ。とことんやって気づいたら何かのプロフェッショナルになっているんじゃないだろうか。

自分の尊敬する人もそんな感じだ。

 

しかし、「とことんやる」ことって当たり前なことに思えるが、なかなかできないのが現状なんじゃないかな。

 

私自身もなかなかやりたいことに100%自分を使うということができていない。

大学の課題があったりとか、やらなければいけないことに自分がほぼ行ってしまい、やりたいことは後回し。

そんな自分を省みると、自分はまだまだ足りないと憂鬱な気分にもなったりする。

 

でもそのチャンスが回ってきた。この4月からフィリピンでとことん自分のやりたいことをやってこようと決意している。

 

とりあえず打ち込んでみて、ダメならその時また考えて、また歩み出す、そうやって自分のやりたいこと・熱中できること・自分の人生を重ね合わせて見出していこう。

 

結論、グローバルリーダーなんて考えない(笑)

 

 

 

初1人海外!!!

新たなチャレンジ!!

今日から約2週間フィリピンの方に行ってまいります!

今までは高校の語学研修旅行でアメリカへ、大学の研修でフィリピンへと一人で海外は初めての試み!!

 

昨晩は期待と不安でふわふわしてました笑

 

そんなこんなで今日は4時起き、満員電車に揺られてました。

 

東京駅まで行くと、成田直通のバスがあるんですね!!!

最近初めて知りました!(田舎感丸出しですが笑)

 

荷物の負担が全然ない!!

 

そして成田空港に到着して、つい先ほど搭乗手続きを済ませてきました。

今回はオンラインで申し込んだため、少し不安なところもありましたが、チケットも発行してくれて、スムーズに進みました。

 

なんか空港での手続きとかできちゃうと、新たに成長した感がある笑

 

あと少しで搭乗しますが、フィリピンに着いてからも気を抜かず、スリなどに気をつけて行ってまいりたいと思います!!

 

ではでは!!

f:id:tsunagis:20170202130435j:image

 

移民ってワルモノなの?

こんにちは!

ツナです!

 

今日はブログ二日目。少しチャレンジングですが、書評を書こうと思います。

 

 今回取り上げるのは、ベンジャミン・パウエル著『移民の経済学』です!

移民の経済学

移民の経済学

 

 

この本を最初の方読んで思った感想は、専門的内容が多く、正直経済学を学んでいない自分からしたら読みにくい。

 

でも、中身は本当に濃い内容でした!!!

移民は昔から問題とされてきました。そして、近年になり、難民問題が激化し、寛容であったヨーロッパ諸国でさえ、難民に対してポジティブではありません。

 

「本当に移民ってワルモノなの?」

 

 

ドナルド・トランプ新大統領は移民によって仕事が奪われていると言って、移民の存在をよく捉えていません。

しかし、これもあくまで感情論。それでは、正しく国を運営することはできない。

 

そこから出てきたのが、データから読み解くという『移民の経済学』なのです!!

 

最初に、専門的内容で読みにくいと申しましたが、データを用いて、分析し、論理的に述べているからこそわかることが面白い!!!

 

今まで移民が国の財政、国民の仕事などにどのような影響をもたらしてきたかを多くの学者の分析を用いて、多角的に、そしてより客観的に説明してくれています。

 

 

今白熱してきている移民の問題、これを読むことでテレビで移民について話している人よりも移民のプロフェッショナルになれるかもしれませんね。

 

ぜひ書店でお取りくださいませ。