笑って泣いて怒って全てをさらけ出せるあったかい場所。

こんにちは。

 

ツナです。

 

フィリピンのミンダナオ島、カガヤンデオロ市に「マカバラン公立高校」という学校があります。

f:id:tsunagis:20170919204701j:plain

 

上の女の子、素敵な笑顔ですね。何をしていると思いますか?

これは国語(フィリピノ語)の授業で、フィリピノ語の音楽の歌詞を絵に書いて、みんなの前でプレゼンをしている様子です。

 

しかし、彼女はある傷を負っています。彼女は両親が離婚してしまい、そして、母親が逮捕され、今親がいないのです。自分で平日働いて、生計を立てています。

 

このマカバラン高校にはオープン・ハイ・スクール・プログラムと呼ばれる(いわゆる)日曜日、ドロップアウトした生徒のために開校して教育機会を提供する制度があります。

 

ドロップアウト

これにはいろんな理由があります。

平日働かなければいけないため、学校に行けなくなった。

早期妊娠・早期出産のために、学校を続けることが困難になった。

兄弟の世話をしなければ行けず、学校をやめた。

親から教育への関心を向けられず、学校をやめざるを得なかった。

義理の父からの性的虐待の傷から、学校にいく力を失ってしまった。

 

ドロップアウトだけではありません。

40歳の女性も学び直したいという、息子とともにこのプログラムで学習しています。

f:id:tsunagis:20170919210255j:plain

 

多様性が溢れるこの学校。

 

それぞれが何かの傷を抱えながらも、日曜日学校に来ています。

 

しかし、この日曜日だけはみんな自分の全てをさらけ出せるんです。

f:id:tsunagis:20170919204708j:plain

 

ここでは、バックグラウンドに関わらず、笑ったり、泣いたり、怒ったりできるんです。

 

カバラン高校の先生はこのプログラムの意義は

「この日曜日は、学校を彼ら生徒たちにとって、全てをさらけ出せる場所」だと言っていました。

 

平日は仕事詰めで友達とも関わる時間もない。授業も厳しくするべきではない。実生活と学びを結びつける教育やストレスを感じないように、場所を制限せずに授業を行なっています。

 

f:id:tsunagis:20170919204701j:plain

先ほどの彼女のプレゼンは将来どのようになりたいか、というテーマでした。

彼女の絵に描かれているのは、彼女、兄、家、教会です。

 

彼女は自分のことを語りながら、どういう自分になりたいか、家族とともにどうなりたいかという話をしてくれました。

 

しかし、彼女の絵には、親の姿がありません。

そのことを先生が尋ねると、今までの家庭の状況や今のことを話してくれました。

彼女は泣きながら、必死に伝えてくれました。

いつもは可愛い笑顔で学んでいる彼女が泣いたんです。

 

この時僕は、自分に何もできない、というよりも、彼女が素の部分を出してくれたことの方が嬉しく思いました。

 

きっと彼女は日々仕事をしながら、そのことをあまり思い出さないようにしていたと思います。

 

他の人に自分のことを話すのって勇気がいるんです。

 

僕自身も自分のことを言うのが苦手です。

話すことで変わることがたくさんあります。

 

でも、そういうことを言える場所って案外ないんですよね。

 

自分の弱い部分や悩みを言える場所、それがこのマカバラン高校のオープン・ハイ・スクール・プログラムだと思っています。

 

先生も生徒たちのバックグラウンドに配慮しながら、授業の内容や場所を考えています。

 

勉強場所を指定せず、好きな場所で学んでいいよ、と日々のストレスから解放してあげたり、歌を歌ったり。

なんて素敵な場所なんだって思わせてくる場所です。

f:id:tsunagis:20170919204644j:plain

 

こうやって互助の関係を築いていける場所ってとてもあったかい。

 

もっと人を繋げられたら、もっといろんな人と関わっていける環境ができたら、いろんな化学反応が起きるんじゃないかな。

 

大学生チューターであったり、親であったり、地域の人たちであったり、この輪を広げていくことができたら、学校のみならず地域自体があったかくなるんじゃないかな。

 

こんな場所をもっともっと増やしていきたいな〜。

f:id:tsunagis:20170919214154j:plain

え、学び舎が壊れたって?じゃあ、俺らで作ろうぜって話

どうも、ツナです。

 

カガヤンデオロからバンとフェリーで約6時間の場所、カミギン島。

 

1週間ぶりのカミギンです。

カミギンでは、モバイル・オープン・ハイ・スクール・プログラムを支援しています。

このプログラムは距離的・金銭的・家庭の事情などで普通のクラスに通えない生徒に学習機会を提供します。

具体的には、実際に先生が生徒の家や村を訪れて、教えます。

 

今日は海沿いに位置する「パンギアワン」という村に行く日です。

生徒はロドニー、19歳、Grade10 (高1)。

彼は家計を支えるために、漁師をやりながら、このプログラムで勉強しています。

こんな場所でやってました。

f:id:tsunagis:20170726215005j:plain

 

f:id:tsunagis:20170726214244j:plain

 

この村では、即席の木製の机、いす、葉っぱの屋根で構成されています。

これをラーニングセンターと言います。

なんとかっこいい名前でしょうか。

 

さあ、今日もパイロットプロジェクトの対象としている村に着きました!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tsunagis:20170726213824j:plain

あれ。

 

ん?あれれ?

 

机は??

 

いつもと違うところにいる先生と生徒を発見!!

 

え、今までのところが波にのまれて跡形もなくなってしまったって?

マジか!!

f:id:tsunagis:20170726220116j:plain

 

お前の仕業か。。。

 

 

お、先生と生徒が何かしているぞ。

 

何してるの?と聞いてみたら、

新しいラーニングセンターを今作ってるんだよ」

f:id:tsunagis:20170726220142j:plain

 

対応早い!!

 

今日は授業はなしで、新しい学び舎を作っていきます!

 

誰かが作るんじゃなくて、生徒と先生たちが協力して作っていくんです!!

自主性の塊!!

無いんだったら俺らで作ろうぜって精神、大好きです!

 

学校なんて、自分たちで作ろうと思えば作れちゃうんですね。

 

近くの使わなくなった木を持ってきて、切って、釘打ってと。

なんとまあ、持続可能な生活でしょうか。

 

こんなことやったのって小学校?中学校ぶりくらいですね。

 

しばらくすると、ロドニーの友達が手伝いにきてくれました。

f:id:tsunagis:20170726221117j:plain

いやー、ありがたい!!

 

ん?待てよ、お前学校は?

「歯が痛くて、早退してきたよ」

 

お、おう、そうか。

いや、手伝えるなら学校行けよ!

 

でも、友達思いのイイやつです。(あ、名前聞くの忘れた。。)

 

そんなこんなで1時間半かけて、僕、先生、生徒、友達の4人で椅子できました!!

 

f:id:tsunagis:20170726220800j:plain

 

 

日本だと、こういうの壊れたら、とりあえず捨てて、IKEAとかニトリに買いに行こうってなりますよね?

さらに今だったら、Amazonもありますから、黙っていれば家に届くわけです。

 

しかし、カミギンにはそういったものが無いからこそ、自分たちで作ろう。あるものを使って作っちゃおうって。

 

日本では都会にいると、こんな経験難しいですよね。

僕は青森にいた時、だいぶ山奥の方に住んでいたので、よくおじいちゃんやお父さんと作ったものです。

 

改めて、田舎の方で工作とか山奥で何か作ることの楽しさと重要さを認識しました。

 

みなさん、都会の喧騒に疲れたら、気ままに田舎でこんな生活してみませんか?

 

それでは! 

 

f:id:tsunagis:20170726233429j:plain

 

 

フィリピンでは中学生のほぼ全員が、Facebookに登録している!!

こんばんは!

ツナです。

 

みなさん、Facebookを使っていますでしょうか?

最近、日本では登録者数が減っているということも聞きますよね?

http://blogs.itmedia.co.jp/photos/uncategorized/2011/03/11/110311facebooklogo.jpg

一方フィリピンでは、Facebookが当たり前なコミュニケーションツールとして利用されています。

 

本日、公立中学校の1年生のうち、どれくらいの生徒がFacebookを活用しているかを質問して見たところ、9割の生徒がアカウントを持っていることがわかりました。

中学生でこれほど登録しているのか!と驚愕しました。

 

2016年1月の段階で、フィリピン人口(約1.01億人)のうち、47%Facebookを利用しているとのことです!!

ほぼ半分!!

利用している年齢層は20代がもっとも多いようです。

Facebookネイティブです。

フィリピン人の投稿を見ていると、僕らでいうツイッター感覚で利用しているように思いますね〜。

もはやFacebookが一つの市場というか、バーチャルに存在する国のような存在になってます!!

 

一方、日本はというと、日本人口(約1.26億人)のうち、たったの18%でした。

僕の周りでもFacebookを利用している人は多いとは言えませんね。

 

日本ではやはりLINEが強力なコミュニケーションツールだということを実感します。

 

これからFacebookを活用した教育コンテンツを作っていきます!!

 

それでは!

参照:https://wearesocial.com/uk/special-reports/digital-in-2016

フィリピン全土で公共の場での禁煙!ついに施行!

どうも、ツナです。

 

日本では都議選のとき、タバコ禁煙も争点の一つでした。

秋に見送りになりましたが、、、

 

禁煙の流れは世界であります。

フィリピンでは、7月23日から禁煙の大統領令が施行されます。

 

ドゥテルテ大統領ダバオ市長だったころ、禁煙を命じる条例の成功実績があったことから全国展開へと発展しました。

 

まあどれだけの実行力が各都市にあるかは難しいところですね。

 

7月23日以降、フィリピンのどこかを訪れる際はぜひチェックしてみてください!!

 

それでは!

 

news.mb.com.ph

「Grab Taxi」というタクシーサービス、カガヤンデオロで使えます。

どうも、ツナです。

 

みなさん、Grab Taxiというタクシーサービスをご存知ですか?

Grabというスマホのアプリを起動させて、位置情報を元に近くのタクシーをつかまえるという、Uberに似たようなサービスです。

f:id:tsunagis:20170720195145j:plain

 

つい先日まで、カガヤンデオロでこのサービスがあることを知りませんでした!!

カガヤンデオロでお世話になっている先輩からこのことを聞くまでは聞いたこともありませんでした。

 

Uberもマニラとセブだけなので、使えません。。。

 

じゃあ今まではどうしていたかって?

フィリピンならではの乗り物、ジープニーを利用するか、頑張ってタクシーを探して乗るかでした。

 

僕の住んでいるところは、カガヤンデオロでもだいぶ郊外の方にあるため、タクシーがあんまりいないんです。

だから今までタクシーを利用したいなってときは、家を出て、トライシクルっていうバイクタクシー(地域によるけど、10ペソ)みたいなもので探すか、家近辺で待つかでした。

これだとあまりに時間がかかってしまいます。

しかし、このGrabを使うと、、、

 

f:id:tsunagis:20170720195736p:plain

 

こんな風にどこにタクシーがいるかが丸わかり!!!

そして、行きたい場所を設定して、あとはドライバーがきてくれるだけ!!

 

家までくるのは厳しいので、電話で近くの目印になるような場所(学校とか)を指定して、待ち合わせします。

待ち時間は基本2分くらい。

価格は通常のタクシーと変わりません(メーターをしっかり使ってくれるので、30分くらい乗って130-160ペソくらい)

 

普通に乗るのと異なる点は、乗った分がポイントになるということです。

貯めるのは大変ですが、貯めるとタクシーの割引、ホテルの割引などと交換できます。

 

カガヤンデオロは日々進化しておりますね。

カガヤンデオロに目をつけたGrab、さすがです。

これからもお世話になります。

 

それでは!