【本の要約サイトFlier】海外にいて、本読みたい!でもそんな時間ないって人にオススメ!

こんにちは!

 

 

みなさん、特に海外にいるって人にオススメのサイトをご紹介します。

 

それは

 

本の要約サイト、flier(フライヤー)

 

 

 

www.flierinc.com

 

 

このサイト、本を買わなくても、本を全文読まなても、要点を教えてくれるサイトなんです。

 

こちら無料で要約を見れるものもあり、充実しています。

 

昨年、ブレイクしたホリエモンの「多動力」やユヴァル・ノア・ハラリの「サピエンス全史」も並べられています。

f:id:tsunagis:20180115204552p:plain

 

 

また、月額課金500円で、5冊までの要約が読め、2000円にアップグレードすれば、無制限で閲覧することができます。

 

まあ、紹介しておきながら、本そのまま読みたい派なのですが、、、

 

気になるかたは、チェックしてみてください!

 

それでは!

 

しいたけ占いなるものをやってみた結果。2018年は、「大きな節目を迎え、愛に生きる」

こんにちは!

 

実は、昨日ブログ更新できませんでした。。。

 

アプリは開いていたので、とりあえず最低限の目標はクリア、ということで。。笑

 

まあ、気を取り直して、書いていきましょう〜!

 

 

しいたけ占いなるものをやってみました。

 

voguegirl.jp

 

僕は1月27日生まれなので、水瓶座をチェックしました。

 

 

結果は、、、

f:id:tsunagis:20180115201512p:plain

 

 

 

なんか、なんか、とてもインパクトがある!!

 

 

その下の、説明を見ていくと、

2014年ー2017年の繋奏太郎は、

  • がむしゃらに期待に応えていく
  • 用意されたものをとにかくこなしていく
  • 誰かからお題を与えられて、それに対して自分なりの回答をだしていく

 

こんな感じだったらしい。

 

 

まあ、受験なり、大学で出される膨大な課題、ある枠組みの中での経験、こんなことが多かった気がする

(占いにうまいように誘導されている感はあるが、気にしない笑)

 

 

 

しかし、2018年は、「誰かから用意されたものや依頼されたものではなく、ゼロから自分なりに向き合っていきたい物事」が多くなってくるらしい!!!

 

 

続編ではなく、新作を。

これが2018年からのテーマらしい。

 

今年、自分が定めた「」という一字。

 

自分らしく奏でる、成し遂げるという意味を込めてつけた今年の一字には、新作という意味も込めていました。

 

今までは、ある枠組みの中で、いろんなことを経験させてもらったけど、今度は自分が提供する側になろうというのが、今年のコンセプト。

 

 

だから、Makers Universityで自分なりのプロジェクトを作ろうとも思ったし、三味線をやろうとも思った。

 

そして、今までのよく言われる就職しようとか言われるけど、自分らしくいきていこう、自分のありたい姿に向けて、生きていくためには何が必要なのかということを考えるように2017年で思えるようになりました。

 

 

最近、帰国が迫るにつれて、本当に自分が考えていることを形にできるのか、共感を得られるのだろうか、本当はできないんじゃないかと不安になっていたのですが、励まされた気分でした。

 

 

みてよかった。

 

今年もあたたかい目で見てください。

 

よろしくお願いします。

 

それでは!

 

国際協力に携わりたい大学生おすすめの書籍シリーズ!第2弾

こんにちは。

f:id:tsunagis:20180103192512j:plain

 

今回は、国際協力に携わりたい学生へのおすすめの書籍シリーズ第2弾です。

 

今回お届けする書籍は、こちら。

 

国際協力 -- その新しい潮流 第3版 (有斐閣選書)

国際協力 -- その新しい潮流 第3版 (有斐閣選書)

 

 

国際協力と言えば、現場のイメージが強いと思います。

現場での使用されている手法や現場で何が行われているのかなど。

 

 

この本は、論文形式になっており、世界における国際協力の変遷について書かれています。

 

国際協力の大きな枠組みについて知りたいならば、読みたい一冊。

 

国際協力の基礎理論、世界における開発の潮流、グローバルイシュー、冷戦終結から市場経済へ移行するなかでの国際協力・開発の変遷など、よりグローバルな視点で書かれています。

 

 

一気に読むには、時間がだいぶかかります。

 

いろんな専門用語が出てくるので、調べながら読んで噛み砕いていかなければなりません。

 

 

ただし、これを読むことで、世界と現場との繋がり、1つの流れとしての国際協力・世界の政治経済、思想が読み取れると思います。

 

読み方のコツとしては、一気に読む必要はなく、気になったトピックのところを読み、それを自分でわかりやすいように、

 

Evernoteやメモに、整理しておくと後から見直す時に、要点をおさえられるようになります。

 

わからない単語の意味もセットで書き、内容を整理し、流れを捉えることがこの本でできると思います。

 

 

さらに、この一本だけでなく、国際協力、経済、国際情勢の背景まで他の書籍や論文でさらに深掘りすることで、より世界の仕組みがわかると思います。

 

それでは!

 

国際協力 -- その新しい潮流 第3版 (有斐閣選書)

国際協力 -- その新しい潮流 第3版 (有斐閣選書)

 

 

 

 

 

石原さとみさんを見て思うこと。学び行動するからこそ、人は素敵に、美しくなる。

こんにちは。

 

f:id:tsunagis:20180112224234j:image

 

 

みなさん、こちらの記事をご存知でしょうか?

 

 

31歳になった石原さとみさんのインタビュー記事です。

 

言わずもがなCMやドラマ、映画「引っ張りだこの石原さとみさん。

 

 

年齢を重ねるごとに美しさと人間の深みがどんどんすごくなっているように感じます。

(僕が言うのもおこがましいのですが、、、)

 

そんな彼女のインタビュー記事。

 

 

僕は感動してしまいました。

 

 

彼女の学ぶ姿勢と行動力に。

 

 

女優という枠にとらわれず、「いつも励ませる人」になるために学び、行動している姿には圧巻の一言です。

 

 

忙しいスケジュールだろうに、自分から企画の提案をしたり、さらにそこから学び、吸収し、形にしていく。

 

 

さらに、アフリカ、ウガンダでのエピソードは本当に感動ものでした。

(2年前、実家でリアルタイムで見たことを今でも覚えています)

 

 

元少女兵の子と会話を交わしていた姿や、元少年兵の子たちとダンスを踊ったり、日本語を教えたりしている姿には学ぶものがたくさんありました。

 

励ませる人になるために時間を惜しまず、向き合う姿、そして、一時の関係ではなく、帰国した後も連絡を取っているという、1人の人に向き合う力はものすごいものがあります。

 

 

彼女を通して思うことは、自分の目標である「励ませる人になる」ために、どんな時でも学び、前に進もうと行動しているからこそ、人としての深みや素晴らしさが滲み出てくる。

 

 

だからこそ、年齢を重ねるごとにさらに美しくなり、人気が増していくんだろうなと。

 

 

彼女から学ぶことはたくさんあることを再認識しました。

 

学び、行動し、目の前の1人と向き合う心を見つめなおしていきます。

 

 

それでは!

 

 

習慣化させるためには生活リズムが大事って話。

こんにちは。

f:id:tsunagis:20180111212824j:image

 

二重目標ちゃんと継続しております。

 

あのブログ案外反響があり、よかったです!

 

 

ただ、書くのめんどって思う時あります。

 

それもあってアプリは開くって言う最低限の目標のおかげで続いております。笑

 

 

1つ気づいたことがあるんです。

 

 

それは、習慣化させるためには生活リズムを整えることがまず大事ってことです。

 

 

生活リズムが乱れていると、目標達成へのマインドも落ちますし、もはややらなくなるきっかけの引き金となってしまいます。

 

 

夜更かししていたり、次の日の朝起きるの大変だったり。

 

 

これだとやる気も下がるし、習慣化なんてもってのほかです。

 

 

生活リズムを整えることで、そのスキマ時間で継続させたいこと、習慣化したいことができる。

 

 

ストレスにならないので、感情の起伏なしに習慣化できる。

 

 

そんなこんなで、僕も生活リズムと食生活見直しながら、ストレスフリーでブログ毎日更新、習慣化してまいります。

 

それでは!

残り1ヶ月だからこそ、地に足をつけて進む。今、この瞬間を研ぎ澄ませよう。

こんにちは。

 

f:id:tsunagis:20180110200153j:plain

 

繋、2月1日で一旦帰国します。

(ちなみに、3月にまた行く予定です。)

 

それを考えるとフィリピンにいる時間は1ヶ月もありません。

 

 

正直、日本帰ってからやりたいことがあって、とても楽しみにしています。

 

次のためのアクションも起こし始めています。

あるときは、時間を忘れて、10時間くらい調べ物をしていたり。

 

 

逆にいうと、次が楽しみすぎて、今が疎かになっているのではないか。

 

 

ふとそんな感覚に陥りました。

 

 

それでは、ダメだ、と思い気を引き締め直しました。

 

 

フィリピンに長期滞在した今、いろんなことに慣れてきました。できることが増えました。

 

 

でも、こういうのって自分1人ではなし得なかったことです。

 

 

現地のパートナーや先生、eeduのみんな、いろんな人の支えがあって今があります。

 

いろんな人のおかげでフィリピンでのプロジェクトや生活が成り立ってきたわけです。

 

これこそ「繋がり」だと思っています。

 

 

その繋がりへの感謝と誠実さを改めて胸に刻み、残りの1ヶ月を地に足をつけて歩いていきたいと思います。

 

今、この瞬間を大切に。

 

それでは!

 

 

 

 

散髪は、案外自分でできる。途上国で身につけたスキル

こんにちは。

 

今回は途上国で身につけたスキルの1つ、「散髪」についてです。

f:id:tsunagis:20180109194147j:plain

 

 

僕、フィリピンにきてから合計8回くらい髪切ってるんですけど、全部自分でやってました。

 

実は、フィリピンの散髪屋さんでは一度も切ってもらったことはありません。

 

 

なぜか、理由は簡単。

 

 

 

単純に怖いからでした。

 

 

以前、大学の研修でフィリピンに行ったときに、友達が切ってもらい、ヤクザみたいな髪になってしまったのを見て、切ってもらうことはやめようと決心していました。

 

こういうことに対するチャレンジ精神は全くありません。

 

 

自分で切るために、自前のすきバサミとハサミをフィリピンに持参していました。

 

 

自分で切っていて感じたのは、すきバサミさえあれば、自分で髪は切れるということ。

 

途上国に留学とか行く人、もしくは長期滞在する人なんかは節約にもなるのでお勧めします。

 

 

あと、強いていうなら、バリカンがあると尚良しですね。

 

 

日本帰ってからも、散髪するなら自分でやろうかなって思ってます。

 

 

もし、不安であれば、日本で理想の形にしてもらってから、海外行った時はちょくちょく形を整える程度きるっていうのでもいいと思います!

 

 

それでは!

 

 

 

春夏秋冬でメリハリが生まれる

こんにちは。

 

f:id:tsunagis:20180108230224j:image

 

フィリピンにずっといて思うのは、日本って素晴らしいなってことです。

 

 

フィリピンずっと夏で、ゆったりはできるのですが、仕事にはあまり向かないのかなって思ったり。

 

 

ずっと変化のない気候だと気持ちにメリハリつけるのも結構しんどかったりしました。

 

 

ので、8月にオーストラリアにいったときは、寒くて、改めて身が引き締まり、フィリピン戻ってからはだいぶ効率かつ濃い時間を過ごせていたと思います。

 

 

定期的に自分の過ごす気候を変えることは、生活のリズムや、気持ちのメリハリ、内省、いろんなことを助けてくれることがわかりました。

 

 

日本に帰ってからも、今年は何度か海外飛ぶ予定なので、これ意識して、自分のライフスタイルを確立させていきたいです。

 

それでは!

【作業用BGM】「Audiomachine」めちゃカッコいいBGMを作成しているYoutubeチャンネル

こんにちは。

 

今日は、Youtubeで僕がよく聞いているBGMのチャンネルをご紹介します。

 

f:id:tsunagis:20180107182215j:plain

 

 

そのチャンネル名は、Audiomachine

 

youtu.be

 

 

映画やアニメなどで使われそうなBGMばかり。

 

とりあえずめちゃくちゃカッコいいんですよね。

 

今日も1人作業しながら、聞いていました。

 

 

集中したいときは、このチャンネルのBGMをかけています。

(集中し始めるともはや聞いていませんが、、、笑)

 

 

ぜひ一度お聞きください。

 

こちらAudiomachineを取り入れているお気に入りの動画

youtu.be

 

それでは!

 

質問などある方はこちらから

↓↓↓

peing.net

2018年、一緒に目標を達成しませんか?「二重目標」という目標の立て方。

こんにちは!

 f:id:tsunagis:20180106203114j:image

みなさん、新年があけ、それぞれ目標や今年の抱負を掲げていると思います。

 

しかし、それちゃんと達成できそうですか?

 

新年だから、と意気込んで発していませんか?

 

 

もちろん、理想は高く!と僕も思っているので、全然問題ありません!!

 

でもなんだかんだいろんなことがあって、達成できなかったっていうこと、よくあるんじゃないでしょうか?

 

 

そんなあなたに、「二重目標」という目標設定をお伝えします。

 

二重目標とは、なにか。

 

 

それを「ドラゴン桜」といういわゆる落ちこぼれが東大入学を目指す、という漫画の中で書かれています。

 

f:id:tsunagis:20180106200258j:imagef:id:tsunagis:20180106200342j:image

 

1つの達成目標に対して、2つの「理想」と「最低限」の目標をセットすることが大事になってきます。

 

 

僕が2018年に決めた1つの目標について、ご紹介させていただきます。

 

 

「ブログを毎日書く」

 

これが今年定めた1つの目標です。

 

それを今のところの理想と最低限の目標に分けると、

 

  • 理想: ブログ毎日書く

 

  • 最低限: とりあえずブログのアプリ開く

 

 

 

最低限の目標設置したら、だいぶハードルが下がりました。笑

(しない日も絶対あるじゃんと言われるかもですが、自分の性格に合わせた無理のない設定です。笑) 

 

 

「二重目標」におけるポイントは目標達成におけるハードルが下がることです。

 

 

めんどくさいときもあると思うのですが、それなりの時間触れているスマホ、暇なときとか見ちゃいます。

 

SNSやニュース見るついでに、あ、今日ブログのアプリ開いてないや、ととりあえず押します。

 

すると、なんか書こうか、ととりあえず下書きに入るようになりました。

 

 

さらに、今はスマホで書けちゃうというのが最大の利点。

 

 

そんな感じでまずは最低限、ブログのアプリを開く作業はできるわけです。

 

 

ブログ始めたばかりは、もう次の日書かなくなってました。

 

 

とりあえず書こうと思っても、なにもネタがないから、今日はいいや、また明日。みたいな感じ。 

 

 

 

でも「二重目標」のおかげで精神的なハードルとストレスが解消されました。

 

 

 やるぞ!という雰囲気ではなく、仕方ないなーとまずは最低限アプリ開く。

 

 

とりあえずスマホ触ってたら、ブログ開き書いている。というふうにストレスフリーで始めてからは書けています。

 (おかげで、一日2記事は書くように。)

 

 

とは言ってもまだ新年も明けてすぐなので、とりあえず1ヶ月後、報告します。笑

 

 

慣れてきたら、最低限の目標も理想の目標のハードルも上げていきます!

 

 

もしあなたに挑戦している何かがあるようでしたら、一緒にトライしてみませんか?

 

 

それでは!

 

 

※ちなみに、質問等あればこちらに!